大学院は独創性の高い研究者の養成の場であるのみならず、学部教育では充足するのが困難な、先端領域において能力を発揮するために必要な高い応用力を教育する場として必須のものとなっています。生物資源科学研究科は、「生物生命科学」「農林生産科学」「環境資源科学」の3専攻で構成し、高度の専門知識とともに幅広い視野を身に付けるための関連領域に関する教育の充実を図ります。また、学生の志向を考慮した教育及び研究指導ができるように課題研究コース、学術研究コース、地域産業人育成コースを設けて、きめ細やかな教育及び研究指導を行います。課題研究コースにおいては高度専門職業人を目指す人材を養成する多様な教育プログラムを提供し、学術研究コースにおいては連合大学院博士課程への進学など研究者を目指す人材を養成する教育プログラムを提供する。また、地域産業人育成コースにおいては地域の指導的役割を果たす人材を養成する教育プログラムを提供します。
 さらに、研究科共通科目として「科学方法論」、「生物資源科学論」、「MOT特論」を開講し、研究者、高度職業人として幅広い知識と倫理観を養うとともに発表方法、科学英語、学会発表、実践発表を研究科共通科目の演習科目として開講し、研究成果の発表技術、国際社会に対応できる能力を養うことを目的としています。

生物資源科学研究科の図

専攻案内

教育目標

(1)生物生命科学専攻 
 生物生命科学専攻 は、個々の生命分子の構造や性質を解明し、生命の営みのなかで生命分子が繰り広げる  複雑な挙動と相互作用を解き明かし、さらには細胞や個体レベルでの様々な協調作用や階層構造を明らかにすることで、生命現象の原理を追求するとともに社会の健全な発展に向けた技術や製品の開発を推進することを目指します。本専攻では、生命現象を総合的に理解し探求するうえで必要となる、分子から細胞、個体に至る幅広い知識と研究技能を持ち、かつ柔軟な発想力をそなえた人材を育成する教育を行います。

(2)農林生産科学専攻  
 農林生産科学専攻は、持続可能な人間生活の実現と生物生産体系の構築ならびに生物生産技術の開発による国内外の農林畜産業の活性化と農耕地および森林の多面的な昨日の維持を目指します。そのために農業、畜産業、水産業および森林・林業について自然科学的側面と社会科学的側面から高度な専門技術と知識を習得しながら研究活動を行う過程で、これらの専門領域の諸問題を自ら発見し解決できる能力、実行力そして社会的責任を身につける教育を行います。

(3)環境資源科学専攻  
 環境資源科学専攻は、自然と人間が真に共生しつつ物心ともに豊かな21世紀型社会の実現に向けて、生活環境、生産環境および自然環境を構成する様々な資源(水、大気、土壌、エネルギー、施設、機械、情報、動物、植物、微生物等)に関する学術、産業、教育、地域文化等に貢献できる“プロフェッショナル”の輩出を目指します。そのために、生物学、生態学、工学および農学等の視点や手法を自在に導入しながら環境資源を多角的に理解、評価、管理、保全、改善できる高度な見識と学力を有し、かつ確固たる責任感と倫理観をも備えた人材を育成する教育を行います。 

教育課程編成方針

生物資源科学研究科は,研究科共通科目,専攻共通科目,専門科目,専攻演習・実習,専攻研究を授業科目区分として設定しています。また,専攻ごとに,課題研究,学術研究及び地域産業人育成の各コースを設けています。各専攻・各コースの科目を履修させることにより,高度専門職業人,学術研究者,地域産業人としての素養を向上させることを目指しています。

(1)研究科共通科目及び専攻共通科目では,高度専門職業人,学術研究者及び地域産業人としての幅広い知識と倫理観を養うとともに研究成果の発表技術,国際社会に対応できる能力を養成します。
(2)専門科目では,専門分野に関する高度な知識の習得を図るとともに,専門的知識を活用し,展開する力を養成します。
(3)専攻演習・実習では,高度な専門技術の習得を図るとともに,他者と適切に意思疎通し,協働する力や重要な情報を発見し,評価し,活用する力を養成します。
(4)専攻研究では,修士論文の作成を通して,本質的な真理を追究する批判的・論理的思考力や指導的・主体的に問題解決を図る力を養成します。

学位授与方針

 本修士課程では、学士課程において身につけた生物資源科学に関する基礎学力と専門知識を基礎にして、社会に貢献できる以下の能力を習得することを求めています。

  1. 生物、生態、生命、生産、生活を包含する「ライフ」と環境に関する深い学識と技術を持ち、先端的かつ革新的研究に取り組むことのできる能力。
  2. グローバル的視野を持ち、時代の要請に応えるための高度専門職業を担うことのできる能力。
  3. 地域の行政や産業界などと連携し、地域社会の発展と振興に寄与できる能力。 

学習成果

 学位授与方針を実現するために、以下の具体的な能力を習得することを学習の目標とします。

  • 専門分野に関する高度な専門知識と技術を習得している。
  • 本質的な真理を追求する批判的・論理的思考力を習得している。
  • 他者と適切に意思疎通し、協働する力を習得している。
  • 指導的・主体的に問題解決に取組める。
  • 科学者としての社会的責任と倫理に基づいて行動できる。
  • 重要な情報を発見し、評価し、活用する力を習得している。 

主な授業科目の概要

授業科目名 概要
科学方法論  科学史、科学者倫理を含むメソドロジーとしての科学論を講述する。
生物資源科学論  生物資源科学の基礎的素養を涵養するために、食の安全・安心、トレーサビリティ、生産、地球環境、土壌資源、EMS、労働安全などの問題点を論ずる。
MOT特論  MOT、特許に関する講義および演習を行う。
発表方法  口頭発表、ポスター発表の方法および論文作成の方法を通して研究成果の発表技術と論理的思考能力を養う。
科学英語  プレゼンテーションやコミュニケーションの場での英語力を身につけることを目的とする演習を行う。
課題研究Ⅰ~Ⅳ  課題研究コースにおいて、高度専門職業人として必要とされるテーマを設定し、研究、調査・実験、教材開発、情報の収集・整理・体系化などを行い、得られた成果をセメスターごとにまとめる(プログレスレポート)。学外機関での資料収集やインターンシップなどの取り組みを含める。
学術研究Ⅰ~Ⅳ  学術研究コースにおいて、学術的な研究テーマを設定し、文献収集、実験及び調査を行い、セメスターの終期には成果報告書をまとめる(プログレスレポート)。
地域課題研究Ⅰ~Ⅳ  地域産業人育成コースにおいて、地域再生や産業育成などの地域が抱える諸問題をテーマにし、実践的な調査・実験、情報の収集などを行い、得られた研究成果を整理・体系化した報告書をセメスターの終わりに提出する(プログレスレポート)。
専攻演習Ⅰ~Ⅳ  関連分野の課題をまとめて、セミナー形式で発表させる。また、他者の発表についてのレポートを提出させる。
学術研究Ⅰ~Ⅳ  学術研究コースにおいて、学術的な研究テーマを設定し、文献収集、実験及び調査を行い、セメスターの終期には成果報告書をまとめる(プログレスレポート)。
学会発表  学術研究で得られた成果をまとめて学会で発表させるとともに、学会での他者の発表を聴講し、その中から2~3件を選び、内容をレポートとして作成する。
実践発表  調査・実験、情報の収集、整理・体系化、教材開発研究、実社会でのテーマ研究、インターンシップ等の成果を、学会、研究会、発表会などの場で発表する。