農林生産科学専攻は、農業生産学、農林・資源経済学ならびに森林資源学の3つの教育領域分野からなり、持続可能な人間生活の実現と生物生産体系の構築ならびに生物生産技術の開発による国内外の農林畜産業の活性化と農地および森林のもつ多面的な機能が発揮できる手法の開発を目指す。本専攻では生物生産技術と経営経済の両面から、また森林資源の自然的・経済的な管理問題とその利活用等について、多角的にアプローチできる教育研究体制を新たに整え、生物生産技術の開発・普及から経営経済・消費流通までの連携のもと農林業資源の利活用や地域マネージメント等に関する教育プログラムが用意されている。これにより、学生は、農業、畜産業、水産業および森林・林業について自然科学的側面と社会科学的側面から高度な専門技術と知識を習得し、これらの専門領域の諸問題を自ら発見し解決できる能力を身につけることが可能となる。その結果、実行力と社会的責任を身につけた学術研究者、中・高等教育の教員、高度専門職業人、地域産業人への道が開かれる。

農林生産科学専攻オリジナルサイト
http://www.afs.shimane-u.ac.jp/

教育目標

 農林生産科学専攻は、持続可能な人間生活の実現と生物生産体系の構築ならびに生物生産技術の開発による国内外の農林畜産業の活性化と農耕地および森林の多面的な機能の維持を目指します。そのために農業、畜産業、水産業および森林・林業について自然科学的側面と社会科学的側面から高度な専門技術と知識を習得しながら研究活動を行う過程で、これらの専門領域の諸問題を自ら発見し解決できる能力、実行力そして社会的責任を身につける教育を行います。

取得可能な資格

  • 教育職員免許状〔高等学校専修(理科・農業)、中学校専修(理科)〕
    在学中に所定単位を修得することにより、資格を取得できます。

教員一覧

農林生産科学専攻教員一覧はこちら