生物生命科学専攻では、生物を分子・細胞・組織・個体・個体群といった様々な階層から捉え、古典的技法から最先端の技術に至る高度で多彩な手法を用いることにより、生命現象の全体像を解明すること、また、こうして明らかになった分子の機能や生物のシステムをヒトの未来社会に生かすことを目的として教育・研究を行っています。教育においては、分子構造から細胞・個体の情報制御、生物多様性や微生物利用など、基礎から応用までの多彩な講義・演習プログラムを用意するとともに、柔軟な発想力に基づいて自ら研究やコミュニケーションを行う能力、事物を多面的に捉えて本質を見抜く思考能力などを身につけることができるよう、セミナーや研究指導を行っています。これらの教育プログラムを通じて、生物や生命に関わる専門的能力を深化させるだけでなく、化学や生物物理学、情報科学などの知識も駆使して生物の基本原理を理解しようとする高度な探究心を養います。これは、将来、生物・生命科学の研究・教育に携わることを希望するひとだけでなく、分子構造と個体の応答とを結びつけた理解が不可欠なバイオメディカルや機能性食品等の分野で活躍したいひとや、生物と地球の環境を複合的に理解して環境問題に対処したいと考えているひとなど、従前の生物・バイオテクノロジー関連分野の枠を超えて研究や産業の新しい分野を開拓しようとする人たちに最適のプログラムです。

教育目標

 生物生命科学専攻は、個々の生命分子の構造や性質を解明し、生命の営みのなかで生命分子が繰り広げる複雑な挙動と相互作用を解き明かし、さらには細胞や個体レベルでの様々な協調作用や階層構造を明らかにすることで、生命現象の原理を追究するとともに社会の健全な発展に向けた技術や製品の開発を推進することを目指します。本専攻では、生命現象を総合的に理解し探求するうえで必要となる、分子から細胞、個体に至る幅広い知識と研究技能を持ち、かつ柔軟な発想力をそなえた人材を育成する教育を行います。

取得可能な資格

  • 教育職員免許状〔高等学校専修(理科)、中学校専修(理科)〕
    在学中に所定単位を修得することにより、資格を取得できます。

教員一覧

生物生命科学専攻教員一覧はこちら