生物資源科学部環境問題ニュース 2013年2月号

2013年2月18日

1.1月のエネルギー使用について

  1月後半に厳しい寒気に見舞われましたが,消費電力量が12月に比べて減少しました。寒波の襲った一昨年よりは消費量は少ないものの,昨年に比べても消費量が多くなっています。

 ems250201_thumb_4.png

画像をクリックすると,別窓で拡大画像が表示されます

 本学には以下のURLから松江キャンパス全体の電力消費量をリアルタイムで見ることができるようになっています。
  http://www.shimane-u.ac.jp/introduction/ems/denryokunomieruka/
 島根大学のこの冬の節電目標は以下のURLに示してあります。
  http://www.shimane-u.ac.jp/_files/00089661/setuden_jikkoukeikaku_2013_1_7.pdf

 例えば1月28日は,下のグラフでわかるように,契約電力である2996kW及びこの冬の節電目標である2951kWにほぼぎりぎりの電力使用水準にまで達しました。契約電力以上の電力を消費することをデマンドオーバーといい,基本料金の値上げに直結するだけでなく,ペナルティーの課金が課されますので,デマンドオーバー警報が出されたときは不要不急の電気機器やエアコンを停止するなどして節電にご協力を願います。松江キャンパスの基本料金は年間5000万円ほどにのぼります。

 ems250202_thumb.png

画像をクリックすると,別窓で拡大画像が表示されます

 下のグラフでも電灯2(生物資源科学部2号館の一般電源),における電力消費量がいちじるしく伸びています。これは電気ストーブなどの持ち込みによる電力消費と考えられます。できるだけ全体空調などを使用できる時間帯で活動されるようによろしくお願いします。

  ems250203_thumb.png

画像をクリックすると,別窓で拡大画像が表示されます