平成24年度 生物資源科学部保護者会を開催しました【11/3】

2012年11月16日

 11月3日(土),生物資源科学部は平成24年度の保護者会を開催しました。この企画は生物資源科学部後援会の支援のもと,学生のご家族の方々を島根大学にお招きし,指導教員との個別面談のほか,キャリアセンター・保健管理センター教職員との相談,学部説明,講演などを行うものです。今回は,東は茨城から西は鹿児島まで,合計189名の方にご来学いただきました。
 個別面談は今年で4回目の開催となりましたが,入学後に教員との面談の機会を設けている国立大学は数少ないということもあって,参加者からは「離れて暮らす子どものこともよくわかり安心させてもらった」,「息子の勉強への取り組み方も,自分なりに頑張っているようだ」,「就職もまじめに前向きに取り組まなければならないと強く感じた」等,多くの熱心なご意見・ご感想をいただきました。

h24hogosha1.jpg
個別面談のようす

h24hogosha2.jpg
全体会での学部説明・講演


 また,同日は,島根大学本庄総合農場で「秋の農場一日開放日」を開催しており,それに合わせて保護者会参加者から希望を募っての農場見学バスツアーを実施しました。約50名のツアー参加者には,植物工場見学や生産品販売などを通じて農場の活動に親しんでいただき,こちらも大変好評でした。
生物資源科学部は,今後も保護者の方々と学部との相互理解を深め,協力関係を強化するよう,努めて参ります。

h24hogosha3.jpg
本庄農場へ,バスツアー出発

h24hogosha4.jpg
農場開放日のイベント