低カリウムメロンの試食会を医学部附属病院ほかで実施しました

2014年8月12日

 生物資源科学部本庄総合農場では、西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)米子支社との共同研究で「低および高カリウムメロン」を実験的に栽培しており、このたび、収穫したメロンの試食会を各地で行いました。

 7月22日に医学部附属病院で高血圧症患者さんに高カリウムメロンを、7月31日に低カリウムメロンを透析患者さんに試食いただきました。7月28日から8月2日にかけて、県内4カ所(姫野CL、大田姫野CL、おおつかCL、松江腎CL)と和歌山県(熊野路CL)の透析クリニックにメロンを送り、透析患者さんおよびクリニックのスタッフに試食いただきました。

 また、7月27日、JR西日本松江支店および創造本部、松江市産業観光部、松江観光協会玉造支部の方、そして、低カリウムメロン・プロジェクトチーム(生物資源科学部・浅尾俊樹教授、上野誠准教授、田中秀幸助教、医学部・矢野彰三准教授、大妻女子大学・川口美喜子教授、東京農工大学・伴琢也准教授)が本庄総合農場へ集まり、カリウム濃度が食品分析表値の約20、50、100%にコントロールされたメロンの試食会を行いました。試食は好評で、低カリウムの程度により味等の品質の違いが明らかになりました。

 将来的に、生産、利用面での一層の実用化を図るため、今後も様々な取り組みを計画しています。 

試食会1 試食会2
本庄総合農場での試食会

   

お問い合わせ先

島根大学生物資源科学部
教授 浅尾俊樹
Email: asao@life.shimane-u.ac.jp(送信の際は@を半角にしてください)