生物資源科学部EMSニュース 2015年6月号

2015年7月24日

 

◎5月のエネルギー使用について

  この5月の消費量は,気温が基準温度に近づいたにもかかわらず横ばいでした。

 なお,松江キャンパスの節電計画が71日から930日の期間で実行中です。H22年度比マイナス7%を目標とし、28℃のエアコン温度設定が求められております。

 6月に入り冷房の必要な日も出現してまいりましたので、引き続き適正な空調利用にご協力お願いいたします。

2015年5月データ          

◎環境研究について

  生物資源科学部の平成27年度EMS実施内容(計画)における環境研究の目標は,「生物資源科学部におけるミッションの再定義に沿って,環境分野の研究を推進し,成果を地元に還元できるテーマに取り組み,得られた成果を学外に周知する。」となっています。

 昨年度より開始された生物資源科学部のミッション研究ですが,本年度も継続して各研究が開始されたところであるかと思います。先日まとめられた本年度のミッション課題を見渡しますと,「沿海・汽水域の生物資源の利活用」および「高齢化社会における豊かな農山村の創造に寄与する学際的研究」の両領域において,水・土・大気環境や生物多様性,地域資源の利用など,環境分野の研究が幅広く実施される予定となっておりました。ミッション研究では,原則として1回は講演会等で報告することとなっておりますし,色々な場面で得られた環境研究の成果を,広く市民へ周知していただければ幸いです。 

 

 

 

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ(EMS担当)
電話:0852-32-6501