生物資源科学部EMSニュース 2016年11月号

2016年12月2日

◎夏季の節電についてご報告
 2010年(平成22年度)実績 使用電力量 3,202,880 kWh 平均気温26.9℃に対して、今年度は削減率8.0.%を目標として、8.5%(2,930,760 kWh 25.7℃)を達成することができました。皆様のご協力、大変ありがとうございました。
 また12月から3月末まで、2010年度比使用電力7%カットの冬季節電が計画されています。設定温度は19℃を推奨しておりますので、「無理せず・無駄なく・積極的に!」ご協力をよろしくお願いいたします。その際に、エアコンだけでなく、恒温器・フリーザーに関しても定期的なフィルター掃除を行ってください。よろしくお願いいたします。

emsn1611.jpg

 

 
◎「環境研究」について
 平成28年度の生物資源科学部における環境マネジメントシステムの環境研究分野の計画は、「生物資源科学部におけるミッションの再定義に沿って、環境分野の研究を推進し、成果を地元に還元できるテーマに取組み、得られた成果を学外に周知する。」となっています。
 現在、ミッション研究のテーマである「汽水域の生物資源の利活用」および「高齢化社会における豊かな農山村の創造に寄与する学際的研究」に関連した、環境研究の成果が出つつあると思います。これまでも「中山間フェアinいーなん」などで研究成果の発表が実施されていますが、今後も「島根大学生物資源科学部セミナーin広島」や「しまね大交流会」などのイベントが予定されています。広く学外へ研究成果を発信する機会を設け、様々な発表の場へ参加して、得られた環境研究の成果を広く学外に周知いただければと存じます。また、関連した報告会などを開催された場合は、事務室やEMS対応委員にご一報いただけますと幸いです。

 

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ(EMS担当)
電話:0852-32-6493