生物資源科学部EMSニュース 2017年2月号

2017年2月27日

◎1月のエネルギー使用について
 1月は月平均気温が例年並みでありましたが、電気消費量が昨年度よりも減少していました。
 2月は積雪などで寒い日が続きますが、設定推奨温19℃を「無理せず・無駄なく・積極的に!」節電にご協力をよろしくお願いいたします。
1月電気グラフ.png
 

 
◎不要となった自転車や家電製品の適切な処分のお願い
 年度末のこの時期、卒業(修了)を予定している皆さんは、新しい環境での生活に向けて、転居などで忙しい時期と思います。また、在校生の皆さんも次年度にそなえて自転車や家電製品などを買い替える機会もあろうかと思います。そのときに、皆さんは不要になった自転車や家電製品をどのようにしていますか?
 近年、学内でも不要になった自転車や家電製品などの放置が問題となっています。これから社会に出られる方も在校生の皆さんも、社会の構成員として大学およびその周辺、皆さんの住んでいるアパート周辺の環境の維持・向上に心掛けることは大切なことです。あわただしいこの時期ですが、不要な自転車や家電製品を適切に処分するなど、身近なことから実践しましょう。
 不要な自転車や家電製品等の放置がなくなるよう、今後とも安全で快適な学内環境の維持と向上にご協力をお願いいたします。

1)不要な自転車や家電製品などの処分の方法について
 ( http://www.shimane-u.ac.jp/_files/00220590/2017_1_postar_sotugyousei.pdf
 学内にも掲示してあり研究室などでも周知されていることですが、卒業(修了)を予定している皆さんだけでなく、在校生の皆さんにも参考になることが書かれていますのでご覧ください。
2)放置自転車等撤去活動(昨年3月18日に実施)の報告
 ( http://www.shimane-u.ac.jp/_files/00198226/H28_3_jitennsya_tekkyo.pdf
 自転車や家電製品などを放置する行為は「不法投棄」と呼ばれるものです。本来放置する人が処分しなくてはなりません。しかし、放置自転車によりキャンパス内の駐輪スペースが減り、それが本来駐輪すべきでない場所に駐輪することを誘発し、安全で快適なキャンパスの環境を損なうことにつながるので、撤去活動が行われています。不要になった自転車等は放置せず、各自で処分するようにしてください。。

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ(EMS担当)
電話:0852-32-6501