生物資源科学部EMSニュース 2017年8月号

2017年8月29日

◎7月のエネルギー使用について
 7月になるとほとんどの日が30℃を超えたため、平均気温も27℃となりました。そのため、1号館と2号館におけるエアコン使用(空調)と恒温器(動力)の電気使用量は昨年(2016年)同月よりも多くなっていました。ただし全体の電気使用量は、2016年よりも少ないため、3号館の影響が考えられました。
 8月に入ってからも暑い日が続いています。今一度エアコンのフィルター掃除を行って頂き、残暑での節電にご協力をお願いいたします。


201707電気グラフ.jpg

◎『実験系』について
 暑い日が続いております。節電との兼ね合いもあり、室温には気を遣っていらっしゃることと存じます。さて、皆様方には環境マネジメント担当者より毎月実験系廃棄物及び実験廃液の搬出日とその受け取り区分についての連絡が届いていることと思います。廃棄物には区分により毎月受け取り可能な物と、そうではない物があります。日程を勘違いされて搬入される場合が希にあるようですので、研究室から実験系廃棄物を搬出される際には、今一度ご確認のうえ搬出して下さい。また廃液に付きましては、昨年度から有機廃液のpH確認が必要となった他、廃液区分、廃液指定容器の変更がなされておりますので十分にご注意下さい。
 詳細に関しましては、web公開がされております「実験系廃液・廃棄物管理手引き」等資料をご参考にされ、適切な分別及び、搬出をされますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ(EMS担当)
電話:0852-32-6501