島根大学本庄農場産のジャムの販売再開について

2017年9月6日

 

 島根大学農場産「ゆずジャム」の一部のフタが緩み、カビが発生していたことが判明したため、すべてのジャム販売休止と自主回収を進めておりましたが、点検作業等が終了し、松江保健所へ報告書を提出し、受理されましたので、9月11日(月)から販売を再開いたしますので、お知らせいたします。
 
 この度のカビの発生については、ご購入者等関係各位に多大なるご心配、ご不安をおかけしましたことについて、お詫び申し上げます。
 
 販売したジャムにつきましては、保健所の指示により、回収分は全て廃棄しました。
 また、在庫保管していたジャムについては、全て次のとおり点検作業及びキャップシールの交換を行いました。
 
点検作業等の内容
○ジャムが変質していないか、ジャム瓶(フタを含む)にキズ・破損等が無いか及びフタが緩んだり斜めになったりしていないか点検しました。
○点検後、フタのキャップシールを専用の紙製の開封確認シールに変更しました。
   これは、ジャム瓶の両側にまでかかる専用のものにすることにより、ジャム瓶の最上部が見やすくなり、ジャムが変質していないか、ジャム瓶(フタを含む)にキズ・破損等が無いか及びフタが緩んだり斜めになったりしていないか確認しやすくなるものです。
  また、ジャム製造後にフタが少しでも動いた場合には、このシールが破れ、フタの緩み等を確認できるようになります。

 

 今後は、ジャム瓶にレッテルを、フタに開封確認シールを張る前後に、必ず複数名で確認してから上記点検作業を行うこととし、このような事態が再び発生することの無いよう品質管理に万全の体制をとる所存でございます。
 今後とも島根大学農場にご支援賜りますとともに生産品をご愛顧いただきますよう、心からお願い申し上げます。

 なお、今後何かお気づきの点がございましたら、下記までご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

販売再開ジャム.jpg

 

 

  〒690-1102 松江市上本庄町2059 
  島根大学本庄総合農場 附属施設担当
  電話 0852-34-0311
  (受付時間 月曜~金曜 午前8時30分~午後5時)

お問い合わせ

生物資源科学部
附属施設担当
電話:0852-34-0311