生物資源科学部EMSニュース 2017年10月号

2017年10月19日

◎9月のエネルギー使用について
 2017年7月から9月の「夏季の電力需給対策」の削減目標として、前年度比1%削減を目指していましたが、皆様のご協力のもと前年度比89%(830724→ 739489kwh 11%削減)となり、目標を達成することが出来ました。大変ありがとうございました。
 引き続き、冬季につきましてもよろしくお願いいたします。  

◎『環境教育』について
 環境教育に関わる目標「学生の環境リテラシーを高める」の達成のため、今年度当学部では「フィールド教育科目および実験科目を通じて,学生に環境教育を行う」を実施目標に定めました。実験科目を通して、学生の環境リテラシーを高めるような教育を行っていくことが今年度の実施目標となります。
 前期には16の実験科目が開講されました。そのうちで授業評価アンケートの回答が受講者数の半数を超えた科目はわずか3科目のみでした。自己評価として、学生による授業評価アンケート調査結果を活用して行くためには、回答率の向上が必須となります。後期に実験科目を開講される先生方におきましては、アンケート回答率の向上にご協力いただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ(EMS担当)
電話:0852-32-6501