生物資源科学部EMSニュース 2018年1月号

2018年1月29日

◎12月のエネルギー使用について
 12月の月平均気温は5.5℃と基準温度17℃との差が11℃以上であったため、空調における電気消費量が2016年12月よりも23000kwh増加しており(一号館70%増加、二号館30%増加)これは全体の増加分の約半分を占めていました。また動力では二号館で前年度よりも6000kwhの増加がありました。
 1月になり雪が降るなど厳しい冷え込みが予想されますが、引き続き適正な空調利用にご協力お願いいたします。

201712電気グラフ.jpg  

◎年度末における研究室等の片付けに伴う廃液・廃棄物他の搬出について
 そろそろ実験系の研究室では、卒業論文や修士論文あるいは博士論文のまとめや実験が終了する学生・院生の方も多いと思います。例年のことではありますが、この時期に於ける廃液・廃棄物などの処理に関する注意喚起をさせて頂きます。毎年この時期には研究室から多くの廃液、不要となった試薬・薬品の他、不要物品等が多量に搬出されます。また、研究室にある個人所有の物品も卒業・修了時には不要になるためか、この時期になると学内のあちこちに不法廃棄されていることが散見されます。
 不要物品の廃棄につきましては、掲示等も例年出されますが、一個の物品が不法に投棄されますと、その場所に次々と投棄が続きます。下宿・アパートにある粗大ゴミを学内に持ち込み、ゴミ集積所に可燃物・不燃物などとして廃棄することなどはせず、松江市の正規な手続きを経て、きちんと廃棄をされますよう、宜しくお願いいたします。

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ(EMS担当)
電話:0852-32-6501