生物資源科学部「平成29年度企業訪問・見学(第1回)」で山陰地域(出雲市、松江市、安来市)の企業を訪問しました(2/15)

2018年3月6日

 生物資源科学部では、平成29年度島根大学戦略的機能強化推進経費「山陰地域で求められる人材育成に向けた地域連携」の取り組みとして、山陰地域(出雲市、松江市、安来市)の企業訪問を2月15日(木)に実施しました。
 今回は、食品加工会社であるアルファー食品株式会社(出雲市)と株式会社 山海(松江市)、イチゴやキャベツなどを生産しているイオンアグリ創造株式会社 島根安来農場(安来市)を訪問しました。3社とも島根大学の卒業生が活躍されており、仕事内容などと共に後輩達への暖かい言葉をかけていただきました。学生からは、次のような感想を聞くことができました。給食のお米を作っていてすごいと思いました(アルファー食品)。イオンに売られている野菜を栽培する農場を見学できたのは貴重でした(イオン農場)。いつも食べている加工品の材料を身近な工場で作っているのは驚きでした(山海)。
 2月26日に第2回の企業訪問(八幡物産株式会社、寿製菓株式会社、三菱マヒンドラ農機株式会社)を実施する予定です。

企業訪問20180215-1.jpg 企業訪問20180215-2.jpg
     アルファー食品株式会社       イオンアグリ創造株式会社 島根安来農場

企業訪問20180215-3.jpg 
        株式会社 山海     

 

 

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ(地域連携室担当)
電話:0852-32-6538