農林生産学科の小林伸雄教授、中務 明准教授が園芸学会平成29年度優秀論文賞を受賞しました

2018年4月26日

 農林生産学科の小林伸雄教授、中務 明准教授らによるツツジに関する研究論文が、園芸学会平成30年度春季大会(近畿大学農学部)において、平成29年度優秀論文賞を受賞しました。『園芸学研究』に掲載された論文名は「日本の常緑性ツツジ品種における見染性形質の花器形態と遺伝性」で、ツツジ古品種において花が100日以上残存する形質を調査した研究内容が優秀な論文として評価されました。

賞状(園芸学会優秀論文賞).jpg

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ
電話:0852-32-6493