~生産の基礎から現場へ~

 農林生産学科は、農林業生産による豊かな人間生活の実現を目指し、様々な問題を抱える農産物及び林産物に関する持続可能な生産技術、経営・経済、並びに生産環境を取り巻く生態系について教育と研究を行う学科です。本学科の特徴は、豊かな自然環境に恵まれた山陰地域において、農林業とそれを取り巻く生態系に関するフィールド学習を含む幅広いカリキュラムを通じて、国内外の農林業生産について総合的に学べることです。本学科は、農業生産学、森林学、農林生態科学、農村経済学の4つの教育コースからなり、相互に連携しながら専門性を高める教育と研究を行います。

農林生産学科オリジナルサイトへ

http://www.ipc.shimane-u.ac.jp/norin/

 

 

 

農業生産学教育コース

農業生産学教育コースの実習風景

 農業生産学教育コースでは、地球温暖化や生産者の高齢化などの自然・社会環境の変化に直面する農産物の生産とその品質・安全性など、国内外の農業生産現場が抱えている問題を解決するための教育と研究を行います。イネ、ダイズ、サツマ  イモなどの農作物、カキ、ブドウ、メロン、イチゴ、サクラ、ツツジなどの園芸作物、ウシやヒツジなどの家畜を対象として、地域の自然や資源を活用し、高収量、高品質な農産物を生産するための技術開発や品種改良について学ぶことができます。

森林学教育コース

農林学教育コースの実習風景

 森林学教育コースでは、私達の暮らしに欠かすことのできない森林・林業についての教育と研究を行います。森林そのものの生態及び育成・保全、森林を支える土壌と水環境、森林資源を利用するための林業機械、再生可能な資源としてのバイオマスエネルギー利用、森林を計画・管理するための地理情報やリモートセンシング、森林をとりまく政策・経済など、中国地方の大学で唯一、森林を総合的に学ぶことができます。

農林生態科学教育コース

農林生体科学教育コースの実習風景

 農林生態科学教育コースでは、植物・昆虫・微生物などが織りなす生命現象とその多面的な価値に注目し、持続可能な農林業と生態系や環境の保全、管理、活用に関する教育と研究を行います。農林環境の生物多様性を維持するために重要な昆虫類の保全と作物生産への昆虫機能の利用、植物が病気になるしくみや植物の病気を防ぐための環境に優しい技術、土壌微生物のはたらきに及ぼす農薬の影響と農薬を分解する微生物の生態などについて学ぶことができます。

農村経済学教育コース

農林経済学教育コースの実習風景

 農村経済学教育コースでは、農業・農村を主な対象とし、その社会経済問題を考察し、解決していくための手法について教育と研究を行います。具体的には農村社会調査の方法、経済学の理論と応用、農業の政策・経営・市場問題、中山間地域の活性化問題、農業と関連産業の振興問題、途上国の農村開発と農民問題、国内外の資源・環境問題、農業・農村・農民の歴史、漁業の歴史と現状などについて学ぶことができます。

 

 


 本学科で学ぶ学生は、教育コースに関する専門的な能力と、農林生産学に関する総合的な知識を身につけ、農林業自営、JAなどの農林業団体、種苗・食品・医薬・農薬・環境・機械などの農林関連企業、国・地方の公務員、中学・高校の教員、博物館学芸員並びに大学院進学などを目指し、その活躍が期待されます。

入学者受入方針

 自然、生物、食に関して興味があり、農林業に関する知識・技術・研究・普及に対して熱心に取り組もうとする意欲を持ち、他者を大事にする誠実な人を求めています。農林生産学科で学んでいくためには、高等学校卒業程度の基礎的な学力を十分に身につけ、優れた能力を有していることが必要です。このような方針に基づき、一般入試では高等学校における基礎学力を十分に備えた人を、推薦入試では学業とともに人物が優秀な人を受け入れます。

入学後の教育

 農林業とそれを取り巻く生態系に関するフィールド学習を含む幅広いカリキュラムを通して、国内外の農林業生産について総合的に学びます。本学科は、農業生産学、森林学、農林生態科学、農村経済学の4つの教育コースからなり、相互に連携しながら専門性を高める教育と研究を行います。

履修モデル

 農林生産学科の履修モデル図

取得可能な資格

  • 学芸員(森林学教育コース、農林生態科学教育コース)
    • 在学中に所定単位を修得することにより、資格を取得できます。
  • 教育職員免許状〔高等学校一種(理科・農業)、中学校一種(理科)〕
    • 在学中に所定単位を修得することにより、資格を取得できます。
  • 森林情報士2級(森林GIS部門) (森林学教育コース)
    • 森林情報士は、空中写真やリモートセンシングからの情報の解析技術、GIS(地理情報システム)技術 等を用いて森林計画、治山、林造事業、さらには地球温暖化問題の解析などの事業分野に的確に対応できる専門技術者を養成することを目的に創設された資格です。森林情報士には3部門(森林航測・森林リモートセンシング・森林GIS)あり、条件を満たすことで森林情報士2級の資格を取得することができます。

詳細はこちらをご覧ください。

教員一覧

農林生産学科教員一覧はこちら