~生き物から学び、考え、活かす~

生物科学科授業風景

 将来、生物(あるいは生き物)関係の職業に就くことをお考えのみなさんにとって、大学4年間は、生物の営みを基礎からじっくり学び、実験なども経験することにより、幅広い視野と学士に価する思考力を身につけることが肝要です。生物科学科は、そうしたみなさんの期待に沿うよう、島根県の自然を扱う研究や、国際的にその分野をリードする研究など、様々な専門領域の教員が集い、分子、細胞から生物集団に至る多様なレベルの教育研究を行っています。

生物科学科オリジナルサイトへ

https://sites.google.com/site/shengwukexueke/

  

 

 

入学者受入方針

生物科学科では、多岐にわたる生命現象を、生物集団から個体、細胞、さらには分子に至る種々のレベルから捉え、理解する能力を育むことを目標としています。そのために、学生の皆さんが、(1)様々な生物科学の知識を統合し、自ら設定したテーマを実験・観察を通して主体的、多面的に探究すること、(2)研究成果を発表し、互いに議論を交わすこと、(3)生命現象を科学的に学び、探究する者として果たすべき社会的責任について考え身につけること、ができるようなカリキュラムを編成し、教育を行っています。このカリキュラムにおいて十分な学習成果をあげるために、生物科学科では高校までに習得すべき基礎学力を備え、生物科学を学ぼうとする強い意欲を持ち、生命現象を深く探求しようとする科学的な好奇心に富んだ人を受け入れます。

入学後の教育

 生物科学の基礎から各分野におけるより高度な専門までを身につけることができます。そのために、少人数でのセミナー科目・実習などを取り入れたカリキュラムを用意しています。

履修モデル

履修モデル図

 

取得可能な資格

  • 学芸員
    • 在学中に所定単位を修得することにより、資格を取得できます。
  • 教育職員免許状〔高等学校一種(理科)、中学校一種(理科)〕
    • 在学中に所定単位を修得することにより、資格を取得できます。

教員一覧

生物科学科教員一覧はこちら