~豊かな地域社会を社会科学と工学から創造~

地域開発科学科の実習風景

 豊かな地域社会、自然環境の保全および持続可能な農業と農村の創造を目指し、これらに貢献できる人材を育成するため、社会科学的側面、工学的側面からの専門教育により、知識と技術を習得します。「農林・資源経済学講座」では地域社会、産業および環境のあり方を経済・政策面から学びます。「生物環境情報工学講座」と「地域環境工学講座」では3つの教育コースが用意され、その中の一つはJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定コースです。

地域開発科学科オリジナルサイト

http://zoukou.life.shimane-u.ac.jp/regdev/

入学者受入方針

 地域社会と経済の活性化、安全で効率的な食糧生産環境の整備、快適な地域環境の創造に関心を持ち、それら諸問題の解決方法、関連する専門的知識や技術を学びたい意欲ある学生を求めます。

入学後の教育

 「豊かな地域社会」、「持続可能な農業と農村」の創造に努め、貢献することができる人材の育成のために、幅広い教養を身につけてもらうと共に、社会科学的側面又は工学的側面からの専門教育によって専門知識と技術の習得を図ってもらいます。

履修モデル

地域開発科学科の履修モデル図

取得可能な資格

  • 教育職員免許状〔高等学校一種(理科・農業)、中学校一種(理科)〕
  • 測量士補(環境資源工学および地域工学コース)
    • 測量士とは、基本測量・公共測量に関する計画を作製し、実施するための国家資格で、測量士補は、測量士の作成した計画に従い測量に従事するための国家資格です。 地域環境学科の地域工学コースを卒業した者及び環境資源工学コースでの所要の科目を履修し単位を取得した者は、卒業証明書、成績証明書等の必要書類を添えて国土地理院に申請すれば、測量士補の資格を取得できます。
      ◎測量士補の資格を取得すると関連資格である土地家屋調査士の取得が大変有利(二次試験免除)になります。
      【参照】 日本測量協会ホームページ
  • 技術士補(地域工学コース(JABEEコース))
    • 技術士とは、文部科学省が認定する国家資格で、わが国における技術者資格の最高峰とされています。また、国際的に通用するAPEC技術者に登録できるのは、技術士と一級建築士のみです。 地域工学コースを卒業した者は、必要書類を提出することにより技術士補(農業部門)の資格を取得することができます。地域工学コースのカリキュラム内容は、JABEE(日本技術者教育認定機構)によって認定されたもので、卒業者はJABEEプログラム修了者として、技術士補(農業部門)の資格が得られるとともに技術士試験の一次試験が免除されます。
      ◎現在技術士には機械、化学、農業、環境、生物工学など、20の技術部門がありますが、地域工学コースを卒業した者は、農業部門だけでなく、全ての技術部門で技術士一次試験が免除されるので大変有利です。
      【参照】 日本技術士ホームページ