~生産の基礎から現場へ~

農業生産学科実習風景

 農業生産学科 農業生産学科は、温暖化など環境の変化に伴う食料生産や、品質、安全性の問題など国内外の農業生産現場が抱えている問題を解決するための教育と研究を行っています。イネ、サツマイモ、ダイズなどの作物、トマト、イチゴ、カキ、ブルーベリー、ハマダイコン、ツツジ、ボタンなどの園芸作物、ウシ、ヒツジ、ニワトリなどの生産動物を対象として、環境に優しく、品質の良い作物をつくるための栽培の基礎研究と技術の開発に取り組んでいます。

農業生産学科オリジナルサイト
http://www.ipc.shimane-u.ac.jp/agriculture/

入学者受入方針

 自然、生物、食に関して興味があり、農畜産業に関する知識・技術・研究・普及に対して熱心に取り組もうとする意欲を持ち、他者を大事にする誠実な人を望みます。

入学後の教育

 自然環境をできるだけ活用した農畜産業における生物利用の基礎的理解と品種改良、生産技術の開発や生産管理について先進的教育を行います。

履修モデル

農業生産学科の履修モデル図

取得可能な資格

  • 教育職員免許状〔高等学校一種(理科・農業)、中学校一種(理科)〕
    • 在学中に所定単位を修得することにより、資格を取得できます。