~生き物から学び、考え、活かす~

生態環境科学科の実習風景

 生態環境科学科 生態系を保全しながら持続的に利用することが今求められています。そのためには、各種の生態系(森林、農地、水、土壌、動物、微生物など)について正確な知識を学び、人間生活と生態系との係わりをよく理解する必要があります。 生態環境科学科では、生態系の保全・評価・修復・有効利用の実践と、それに貢献できる人材の育成を目的として教育・研究・社会活動を行っています。



生態環境科学科オリジナルサイト
http://www.seitai.shimane-u.ac.jp/



入学者受入方針

 深刻な環境問題を抱える現代において、生態系を保全しながら持続的に利用すること、バランスを崩した生態環境を評価し修復することを志し、学業にいそしむ人を求めています。

入学後の教育

 生態学を基礎として、生態系に対する理解と人間生活についての洞察を深め、生態環境の評価・修復・保全及び有効利用の実践に貢献できる人材の育成を行います。

履修モデル

 生態科学環境科学科の履修モデル図

取得可能な資格

  • 学芸員
    • 在学中に所定単位を修得することにより、資格を取得できます。
  • 教育職員免許状〔高等学校一種(理科・農業)、中学校一種(理科)〕
    • 在学中に所定単位を修得することにより、資格を取得できます。