教員紹介

 古田 賢次郎(ふるた けんじろう)

古田賢次郎の写真

  • 助教
  • 生物資源科学部生命工学科
  • 大学院生物資源科学研究科生物生命科学専攻

 

 

 

 

主な研究テーマ

 昆虫幼若ホルモンを標的とした新規昆虫生育制御剤の開発

<所属学協会>
日本農薬学会,日本農芸化学会,日本応用動物昆虫学会

担当講義

(学部)化学生物学,物理化学実験
(研究科)生命情報特論

受験生へのメッセージ

 大学には勉強や研究だけでなく、いろいろな出会いや機会があふれています。何事にも積極的にチャレンジして、自分を磨いてください。

自己紹介

 昆虫は幼虫から成虫になるまでに脱皮と変態をし、その形態を大きく変化させて様々な環境に適応しています。この形態変化は昆虫体内のホルモンによって制御されており、そのなかでも幼若ホルモン(JH)は、幼虫形態の維持に必要な重要なホルモンです。そのため、JHは昆虫の成育を特異的に制御することができる新しい農薬の標的として期待されています。そこで私は、JHの働きをコントロールできる化合物を合成し、その作用機構を明らかにしようとしています。

<対応可能な課題>
新規薬物の合成と構造活性相関

キーワード

生物有機化学,化学生物学,昆虫

連絡先

  • 電話:0852-32-6570
  • E-mail:kfuruta@の後にlife.shimane-u.ac.jpを付けてください。

リンク