教員紹介

 林  蘇娟( Lin Sujuan )

林 蘇娟

  • 教授
  • 生物資源科学部生物科学科
  • 大学院生物資源科学研究科生物生命科学専攻

 

 

 

 

主な研究テーマ

 植物の多様性形成機構と系統進化:
シダ植物(Dryopteridaceae)の生殖様式と進化多様性の解明
被子植物スイカズラ科(Lonicera属)の種分化及び系統分類学的研究
絶滅危惧種オニヒョウタンボクの起源と遺伝的多型
島根県、隠岐諸島の植物と外来植物の調査

 

<所属学会>日本植物学会、アメリカ植物学会、日本植物分類学会、アメリカシダ植物学会

 

担当講義

 (学部)系統分類学,多様性植物学,植物の世界,生物学,基礎生物学実験,生物科学実験II,生物学実験、生物学セミナーI, II, III,卒論研究 など 
 (研究科) 生物多様性特論,植物の生物多様性E など

受験生へのメッセージ

 一旦やると決めたら、初志を貫くこと!より遠くを見るためには、より高いところに登らなければならない!

 

自己紹介

生物の進化はまず個体の遺伝子構成の変化から始まります。遺伝子や染色体の突然変異は個体変異にどのように繋がるか、そのような変異がやがて種分化に繋がるのはどのようなメカニズムを経たのか。私は植物をモデル材料に、DNA、タンパク質、細胞・染色体分析の手法を駆使して、植物の進化、多様性形成機構を探求しています。また、日頃、身近な植物を調べ、分布地域を確認・記録を行い、地域植物資源を保全するためのデータベースの構築を取り組んでいます。  研究と仕事の合間に、太極拳、刺繍、漢詩、書道、…などを、どれも精通しないが、楽しんでいます。最近、お煎茶〜黄蘗文化(煎茶の祖隠元法師、本名:林曾昺、茶の種類、栽培、伝承など)に興味を惹かれました。

キーワード

 植物学、生物多様性、シダ植物、無融合生殖、スイカズラ、オニヒョウタンボク、染色体、倍数性

連絡先

  • 電話:0852-32-6444
  • E-mail:sjlin@の後にlife.shimane-u.ac.jpを付けてください。

リンク

林_隠岐調査  林_植物調査

隠岐の植物調査(大学院生)        松江市郊外の植物調査(卒業研究)