教員紹介

 松崎 貴(まつざき たかし)

松崎貴の写真

  • 教授
  • 生物資源科学部生物科学科
  • 大学院生物資源科学研究科生物生命科学専攻

 

 

 

 

主な研究テーマ

 毛髪の生え替わり現象(毛周期)がどのようにコントロールされているのかを、様々の遺伝子改変マウスを用いて、幹細胞や時計遺伝子の働き、シグナル伝達等の観点から調べています。

<所属学協会>
日本動物学会、日本発生生物学会、日本分子生物学会、日本研究皮膚科学会、毛髪科学研究会, 日本比較免疫学会、The Society for Investigative Dermatology (SID), Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society (TERMIS)

担当講義

(学部)免疫学概論、生物機能学III (形態形成)、物質と生命、生命現象、基礎生物科学実験, 生物機能学実験II, 生物学実験, 生物科学セミナーI, 生物科学セミナーII, 生物科学セミナーIII
(研究科)形態形成特論

受験生へのメッセージ

 日本で唯一、hair biology専門の研究室です。毛包は10種類以上の細胞が緻密に連携して作られ、大人でも再生・形態形成を繰り返す非常にユニークな器官で、とても面白い研究対象です。

自己紹介

 もともと植物の種分化を研究したかったので野山で花やシダを見ることが好きです。これまでに海綿の放射線耐性、メダカの免疫システムやゼブラフィッシュの発生現象など様々なことを研究もしてきましたが、その後17 年ほど毛髪生物学の研究に携わっています。一見、回り道のようですが、こうした経歴がいろいろなところで役に立っているように思います。最近は企業との共同研究が増え、卒業生も毛髪科学の担い手として育ってきました。島根大がhair biologyのメッカと呼ばれように頑張っていきたいと思います。

<対応可能な課題>
 育毛・発毛・抑毛作用の評価、スクリーニングおよび調節メカニズムの解明,皮膚を中心とする細胞工学・再生工学

キーワード

毛周期、幹細胞、組織再生・再構築、遺伝子改変、発毛, 脱毛, 白髪, マウス

連絡先

  • 電話:0852-32-6493 (学部事務室)
  • E-mail:tmatsu@の後にlife.shimane-u.ac.jpを付けてください。

リンク

毛周期の模式図
毛周期の模式図

解離細胞から再構築したキメラ毛包の写真
解離細胞から再構築したキメラ毛包