教員紹介

 渋谷 知暉(しぶや ともき)

  • 助教
  • 生物資源科学部農林生産学科

主な研究テーマ

光環境の制御による花卉の促成栽培、果実の高品質化や健康機能性成分の増進、それらのメカニズムの究明

<所属学協会>
園芸学会、国際園芸学会、日本植物細胞分子生物学会、日本ブドウ・ワイン学会

担当講義

(学部)園芸利用学、六次産業化概論、農場基礎実習

受験生へのメッセージ

 園芸作物(果物や野菜、花など)には多種多様な品目があり、それぞれに様々な可能性と課題、魅力を持っています。園芸作物の付加価値の向上や省力・省エネ栽培技術の開発、加工利用などについて興味を持ってもらえると嬉しいです。

自己紹介

 高校・大学と生物を学ぶうちに植物の光応答やそのメカニズムに興味を持ち、光環境を調節することで新しい生産システム開発や農産物の付加価値向上を目指せるのでは!と考えて研究に取り組んできました。光応答以外にも植物が持つ環境適応能力をうまく利用した新しい農業生産技術の開発を目指したいと考えています。また、こうした技術開発に科学的根拠を与えるために、どのようなメカニズムによってそれが可能になるのかを生理現象や遺伝子機能のレベルでも追究します。園芸作物の加工利用やそれに伴う成分の変化についても研究していきます。

<対応可能な課題>
 果樹・野菜・花卉の栽培、成分解析、遺伝子機能解析。 園芸作物の加工に関する研究

キーワード

果樹、果菜、花卉、機能性成分、食品加工

連絡先

  • 電話:0852-34-1821
  • E-mail:shibuya.t@の後にlife.shimane-u.ac.jpを付けてください。

リンク

  • 教員情報検索システム