教員紹介

 横田  一成(よこた かずしげ)

横田一成の写真

  • 教授
  • 生物資源科学部生命工学科
  • 大学院生物資源科学研究科生物生命科学専攻

 

 

 

 

主な研究テーマ

 アラキドン酸カスケード反応の栄養制御機構に関する分子細胞生物学的研究,生活習慣病を予防する食品及び医薬品関連物質の作用に関する抗肥満研究,動物培養細胞系を用いた食品医薬品分野の細胞工学的研究

<所属学協会>
日本生化学会,日本農芸化学会,日本脂質生化学会,日本食品科学工学会,日本肥満学会

担当講義

(学部)分子生物学II,分子細胞生物学II,動物細胞工学,ヒトと栄養と生命,生化学英語,分子細胞工学実験
(研究科)生体制御機構特論

受験生へのメッセージ

 本を読む入力のみならず、内容を紙に書いたり話したりする出力が、記憶の定着に重要といわれています。本学科は、多くの専門に関する実験が必須です。これは、真に学生が手足を動かす出力です。

自己紹介

 必須の栄養因子であるアラキドン酸に由来し細胞間での信号伝達に関与するものに、エイコサノイドと呼ばれる一群の生理活性脂質がある。健康の維持や病態において多様な作用が知られているが、私のところでは、哺乳動物培養細胞株を主な実験材料にして、脂肪細胞の分化誘導におけるエイコサノイド類の役割を研究している。また、プロスタグラン類に対する特異的な単クローン抗体を作製して高感度の免疫学的測定法を開発することも行っている。さらに、生活習慣病の危険因子として知られている肥満を予防する機能性食品因子の作用機構に興味を持っている。

<対応可能な課題>
 脂肪細胞の分化誘導とアラキドン酸代謝,酵素免疫測定法の開発、食品由来因子の抗肥満研究

キーワード

エイコサノイド,生理活性脂質,アラキドン酸カスケード,食品由来因子,単クローン抗体,抗肥満

連絡先

  • 電話:0852-32-6493 (学部事務室)
  • E-mail:yokotaka@の後にlife.shimane-u.ac.jpを付けてください。

リンク