「ライフ」を探求して地域や世界で活躍しよう

井藤和人学部長.jpg

 生物資源科学部は、生物、生態、生命、生産、生活といった「ライフ」と環境に関する科学的知識・能力を涵養することを目指して設置され、「生物科学科」、「生命工学科」、「農林生産学科」、「地域環境科学科」の4学科で、生命現象の基本原理から、生物資源の育成、利用、開発保全と、それを育む環境に関する幅広い分野の教育・研究を行っています。生物・生命・生産・環境に関する基礎学力を身に付け、それらを発展させた専門知識、研究志向や技術力を養うことで、地域社会の発展と持続可能な環境調和型社会の確立に貢献できる人材の養成を目指しています。また、三瓶演習林、本庄総合農場、隠岐臨海実験所等で実施している地域を生かしたフィールド教育・研究により、現場での問題発見・解決能力を養います。
 本学部は、平成30年度より、生命工学科と生物科学科が融合した生命系学科、および地域環境科学科に生態分野を融合した環境系学科を新設し、「生命科学科」、「農林生産学科」、「環境共生科学科」の3学科への再編を計画しています。この改組により、特に地域社会から要請の高い分野の理系人材を育成します。
 自然豊かな環境で共に学び、地域や世界で活躍を目指すみなさんをお待ちしています。

生物資源科学部長 井藤 和人