公開日 2018年09月18日

 「未来への架け橋・中核人材育成プロジェクト(PEACE)」は、アフガニスタンの農業・農村開発及びインフラ開発を推進する上で重要な役割を担う行政官、大学教員の能力向上のため、わが国の大学院修士課程等での就学の機会を提供するもので、2012年から島根大学生物資源科学研究科(現在自然科学研究科)でもこのプロジェクトに協力し留学生を受け入れています。
 今回9月13日にアフガニスタン政府関係者17名の訪問団を受入、視察と意見交換を行いました。本研究科ではこれまでに、作物学、園芸学、植物病理学、土壌学、水利学の分野で累計16名の学生を受け入れており、政府関係者と教員との協議のほか、現在在籍する同国からの留学生との交流、またイスラム学生に配慮したハラル対応の食堂の視察などを行いました。
 本学そして本研究科は、引き続き、アフガニスタンの国作りのための人材育成に対し、積極的に協力していきます。

 

 アフガニスタン政府関係者との協議1.jpg

 

アフガニスタン政府関係者との協議2.jpg