生物資源科学部EMSニュース 2017年5月号

2017年5月22日

◎4月のエネルギー使用について
 2017年4月の月平均気温は14.6℃、電気使用量は約16万kWhであり、穏やかな気温のおかげでこの三年間で一番少ない値となりました。
 5月以降から暑い日が続くことで、エアコン使用に伴う電気使用量の増加が予想されますので、エアコン稼働前のフィルター掃除をお願いします。

201704denki.jpg

◎「環境教育」について
 環境教育に関わる目標「学生の環境リテラシーを高める」の達成のため、今年度当学部では「フィールド教育科目および実験科目を通じて,学生に環境教育を行う」を実施目標に定めました。
 当学部が開講する専門教育科目のうち、フィールド教育科目は37科目(主に科目名に「実習」がつくもの。旧課程の同時開講科目は除く)、実験科目は38科目(専攻実験含む)あります。これらの実験科目を通して、学生の環境リテラシーを高めるような教育を行っていくことが今年度の実施目標となります。
 自己評価として、教育開発センターで実施している学生による授業評価アンケート調査結果を活用しておりますが、昨年までは回答率(延べ対象件数に対する延べ回答件数)が低く、意味のある評価ができているのか不安な部分があります。今年度はアンケート回答率を上げることにより、より詳細な評価を行いたいと考えておりますので、皆様ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ(EMS担当)
電話:0852-32-6501