吉田真明特任准教授が代表を務める研究プロジェクトが、ヒューマンフロンティアサイエンスプログラム国際研究助成に採択された

2017年3月28日

 島根大学生物資源科学部附属生物資源教育研究センター 海洋生物科学部門(隠岐臨海実験所)の吉田真明特任准教授が代表を務める研究プロジェクト「How to make a heart beat? Basic principles for novelties and parallel innovations in cephalopods (心臓はいかに打ち始めたのか?頭足類にみる進化的新奇性と平行進化の基本原理)」が、ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)のプログラム・グラントに採択されました。国際性を重視する同グラントは極めて競争率が高く、2016年に応募された1000以上の提案課題から採択された21課題の1つに選ばれました。

 本研究プロジェクトでは、日米仏の4人の研究者(吉田真明特任准教授(進化生物学)、Eric Edsinger-Gonzales博士 (発生生物学)、Georges Debr?geas博士 (バイオイメージング)、Leonid L. Moroz教授 (神経生物学))が国際共同研究チームを構成し、「イカ・タコ類がもつ補助心臓(鰓心臓)はどのようにして自立拍動性を獲得したのか」という古くから知られている生理学・進化生物学上の未解明の問題に、3年間に渡って学際的に取り組みます。本研究では心臓の拍動という高次の生命現象を最新の研究手法を用いて1細胞のレベルで理解するだけでなく、イカ類をモデル動物として確立することを目指す基礎海洋生物学研究の発展に寄与することが期待されます。

 HFSPは、1987年に日本の中曽根康弘首相(当時)が提唱して発足した国際プロジェクトです。「生体が持つ複雑なメカニズムの解明を中心とする基礎研究を国際的に共同して推進し、その成果を広く人類全体の利益に供すること」を目的とし、フランスに拠点を置く国際ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム推進機構(HFSPO)により運営されています。

A research project represented by Dr. Masa-aki Yoshida, Full-time Contract Associate Professor of Marine Biological Science Section (Oki Marine Biological Station), Educational and Research Center for Biological Resources, Shimane University has been awarded a program grant of the Human Frontier Science Program (HFSP). The grant, which emphasizes international collaborations, is highly competitive, but their proposal has been selected as one of 21 final nominations from over 1,000 proposals submitted in 2016. The research title is “How to make a heart beat? Basic principles for novelties and parallel Innovations in cephalopods”.

In the research project, four researchers from Japan (Dr. Masa-aki Yoshida, Evolutionary Biology), the United States (Dr. Eric Edsinger-Gonzales, Developmental Biology; Professor Leonid L. Moroz, Neurobiology) and France (Dr. Georges Debr?geas, Neuroimaging) constitute an international collaborative team and tackle the long-lasting unsolved question; “How the auxiliary heart (gill heart) of squids and octopuses gained autonomous pulsatility”. The team will integrate new methodologies linked to real-time dynamic imaging of physiological processes, and introduce mathematical approaches for real-time cellular and systemic analyses. Importantly, the international collaboration will establish pygmy squid as a novel experimental paradigm for the entire field of comparative and integrative biology.

The HFSP is an international project established in 1987 by then Prime Minister Yasuhiro Nakasone of Japan. For the purpose of “jointly promoting basic research centered on elucidation of complicated mechanisms of living organisms internationally and making the results widely available to the benefit of all human beings”, the HFSP gives funding for frontier research in the life sciences. It is implemented by the International Human Frontier Science Program Organization (HFSPO) with its office in Strasbourg, France.

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ
電話:0852-32-6493