教員紹介

赤間 一仁(あかま かずひと)

  • 教授
  • 生物資源科学部生物科学科
  • 大学院生物資源科学研究科生物生命科学専攻

主な研究テーマ

  植物tRNAを中心にした分子生物学、イネGABA代謝系の機能解明とその応用

<所属学協会>
日本分子生物学会 日本植物生理学会 日本アミノ酸学会 米国植物生理学会

担当講義

(学部)遺伝子機能 植物の生理 生物学概論 細胞生物学実験 生物科学セミナー
(研究科) 植物ゲノム応用科学特論

受験生へのメッセージ

 植物を対象とする研究は遺伝子の働きを探る基礎研究から健康に役に立つお米の研究開発まで幅の広い内容を一つの研究室で出来るのが魅力です。ここにはあなたをやる気にさせるテーマがあります。

自己紹介

 私たちのグループでは分子生物学的実験手法を主に用いて、1)植物核tRNAの動的な発現制御機構、2)植物細胞が豊富に含む、非タンパク質性のアミノ酸の一種であるγ-アミノ酪酸 (GABA)の機能解明を大きな柱として研究を行っています。モデル植物であるシロイヌナズナとイネは高等植物の中で最もゲノム解析が進展しており、決定された遺伝情報、遺伝子クローン、様々な種類の変異株、形質転換法を有効に活用しながら、上記課題に取り組んでいます。研究課題の多くは国内外の研究室と連携して進めています。これに加え、2008年からポストイネゲノム研究の大型プロジェクトである「新農業展開ゲノムプロジェクト」の新規課題に採択され(http://cropgenome.project.affrc.go.jp/)、 機能性成分として注目させているGABAに的を絞った分子育種学的研究を展開しています。

キーワード

 GABA、アグロバクテリウム、形質転換、イネ、シロイヌナズナ、tRNA、遺伝子発現、イントロン、スプライシング、 グルタミン酸脱炭酸酵素 (GAD)

連絡先

  • 電話:0852-32-6493(学部事務室)
  • E-mail:akama@の後にlife.shimane-u.ac.jpを付けてください。

リンク

お米に含まれるギャバの分析の図