教員紹介

 松本 真悟(まつもと しんご)

松本真悟の写真

  • 教授
  • 生物資源科学部附属生物資源教育研究センター
  • 大学院生物資源科学研究科農林生産科学専攻

 

 

 

 

主な研究テーマ

 土壌中の可給態養分の評価,作物の養分吸収特性の解析,作物による有害重金属の吸収と排除機構の解明

<所属学協会>
日本土壌肥料学会,作物学会,園芸学会,地域活性学会,農業生産技術管理学会,有機農業学会

担当講義

(学部)作物栄養学,基礎土壌学,自然と語ろう,農場基礎実習Ⅰ~Ⅳ,農場専門実習Ⅰ,Ⅱ,基礎フィールド演習
(研究科)農林生産科学論,農業生産環境学特論,土壌肥沃度論E

受験生へのメッセージ

 土壌を1mも掘れば,土壌断面には何層かの層位がはっきり見えます。土壌は数千年,数万年の時を経て堆積してきたんですね。その悠久の時を駆け抜けてきたドラマを一緒に見ましょう!

自己紹介

 現代の農業は,多肥型の施肥管理体系を発展させることにより収量の向上を実現してきました。このため,作物が本来有している養分吸収獲得機構が見過ごされてきた面があります。ある種の作物は窒素,リン酸,カリの肥沃度の低い土壌でもそれらの養分を可給化して吸収する機構を有しています。当研究室では,これらの養分吸収機構を明らかにし,作付け体系を利用した環境保全的肥培管理技術の確立を目指しています。

<対応可能な課題>
 有機性廃棄物のリサイクル,環境保全型農業,土壌診断,肥料および土壌改良資材の評価

キーワード

肥料,海藻,バイオマス発電燃焼灰,ヒ素,カドミウム,イネ,有機農業,土壌改良資材

連絡先

  • 電話:0852-34-0311(農場事務室)
  • E-mail:smatsu@の後にlife.shimane-u.ac.jpを付けてください。

リンク

水稲の根と酸化鉄の写真
水稲の根表面に形成される鉄被膜

松本 真悟栽培試験
 様々な緑肥作物の栽培試験