教員紹介

 高原 輝彦(たかはら てるひこ)

takahara

  • 助教
  • 生物資源科学部生物科学科

 

 

 

 

主な研究テーマ

  水棲動物の行動生態学的研究,環境DNAを用いた生物モニタリング手法の開発

<所属学協会>
日本生態学会,日本陸水学会,日本爬虫両生類学会

担当講義

(学部)動物生理生態学,動物の世界(分担),生物科学セミナーI,II,III(分担),生物科学実験I(分担),生物学実験(分担)

(研究科) 生物多様性特論(分担)

受験生へのメッセージ

 勉学に励むことと同様に,失敗して落ち込んでもそこから立ち上がることができる「気力」と粘り強く取り組むことができる「忍耐力」,そして、「謙虚な姿勢」を身につけることを意識しておくとよいかもしれません。大学生活のみならず,その先の長い人生においてもきっと役に立つことと思います。

自己紹介

 一見ちっぽけな生き物のように思えるカエルのオタマジャクシが,敵(捕食者)がいるときにだけ捕まりにくい形に体を変身させて,巧みに生き残ろうとしている姿に魅せられたことがきっかけで,今日まで研究を続けています。子供の頃から昆虫や動物を飼育するのが好きでしたが,自分が研究者になるなんて考えたこともありませんでした。人生何が起きるのかは本当にわかりません。楽しいことばかりではありませんが,一度きりの人生を少しでも実りあるものにできたらと思い,日々,研究と子育てに悪戦苦闘しています。

キーワード

 行動生態学・水棲動物・ケミカルコミュニケーション・表現型可塑性・環境DNA・生物モニタリング

連絡先

  • 電話:0852-32-6493(学部事務室)
  • E-mail:ttakahara@の後にlife.shimane-u.ac.jpを付けてください。

リンク

高原 輝彦研究1   高原 輝彦研究2

ニホンアマガエルのオタマジャクシの形態変化    ため池で生物と水質の調査中