教員紹介

 倉田 健悟(くらた けんご)

  • 准教授
  • 汽水域研究センター
  • 大学院生物資源科学研究科環境資源科学専攻

主な研究テーマ

 汽水域の沿岸における生物多様性,宍道湖と中海における岸辺生態系の変化,宍道湖と中海の湖岸における食物連鎖を通じた炭素および窒素移動

<所属学協会>
日本ベントス学会,応用生態工学会,日本陸水学会,汽水域研究会

担当講義

(学部)汽水域の科学、水圏生態学II
(研究科)水圏生態学特論,水環境計測学,海洋生態学

受験生へのメッセージ

 島根大学汽水域研究センターは,国内外の汽水域を対象に様々な側面から専門的に研究している研究機関です。学部を卒業した後に汽水域研究センターの研究室に入ることができます。もちろん,汽水域に関心のある学部生は,気軽に研究室を訪問してください!

自己紹介

 1970年生,新潟県出身,高校は陸上部で大学はジョギング同好会だが,最近は極めて運動不足。たまに嵩山に登ることと,フィールド調査くらいになってしまいました。

<対応可能な課題>
 斐伊川水系の岸辺を保全・修復する生態学的手法に関する研究,汽水域生態系の保全および修復技術の開発

キーワード

海洋生態学,保全・修復技術,応用生態工学,汽水域,河口域

連絡先

  • 電話:0852-32-6436
  • E-mail:kengo@の後にsoc.shimane-u.ac.jpを付けてください。

リンク

島根県大橋川の写真
島根県大橋川

ヤマトシジミの写真
ヤマトシジミ