生物資源科学部

理念・目的

学部の理念・目的

 1995年、生物資源科学部は、「生物、生態、生命、生産、生活を包含するライフを総合的に科学する学部」として創設されました。以来、生命現象の基本原理から、生物資源の育成、利用、開発、保全とそれを育む環境など広範囲にわたる教育・研究を行ってきました。2012年には、生物資源と地域資源の活用・創造・循環・管理の実現をより明確にした「農林生産学科」と「地域環境科学科」を新設し、既存の「生物科学科」と「生命工学科」との連携を強める教育・研究を行うことにより、社会的要請に応える人材を育成してきました。近年、社会や地域のニーズに応じ、地域の活性化、創生に資するための機能強化を目指した大学改革が進められ、生物資源科学部の「ミッションの再定義」(①汽水域の生物資源の利活用、②高齢化社会における豊かな農山村の創造に寄与する学際的研究)をさらに進展させるためにも、これらの分野で活躍できる高度技術者(理系プロフェッショナル人材)の養成が求められています。2018年、本学部が担うべき社会的責任に対応する「生命」、「生産」、「環境」に焦点を当て、これら3分野をより明確にした「生命科学科」、「農林生産学科」、「環境共生科学科」の3学科に再編することにより、生命科学、農林生産、食料、農業経営・経済、生態環境に関する幅広い知識と、生物資源を有効に利活用できる技術や知識、さらに生態環境を総合的に保全・管理するための知識と技術を有し、国際的視野に立って、これらを活用した産業・地方自治体に貢献できる人材を育成します。

学位授与の方針

 生物資源科学部では、学士課程において以下に掲げる能力を身に付けた者に学位「生物資源科学」を授与する。

  1. 人間・社会・自然に関する幅広い教養を身につけている。
  2. 理学や農学に関わる基礎的な知識を身につけている。
  3. 研究の一環として、英語科学論文の内容を理解することができる。
  4. 多角的な視点、批判的思考力を備え、各専門分野における課題の解決に主体的に取り組むことができる。
  5. 研究の一環として、必要なデータを収集・整理し、それらを解析して結論を論理的に導くことができる。
  6. 得られた研究成果を文章や口頭で適切に表現することができる。
  7. 社会で活かすことができる専門知識や技能を身につけている。

教育課程編成・実施の方針

  1. 1年次~2年次では、主として全学共通教育を履修します。全学共通教育は、基礎科目として「外国語」「健康・スポーツ、文化・芸術」「情報科学」の科目群、教養育成科目として「人文・社会分野」「自然分野」「学際分野」の科目群があります。全学共通教育は教育目標として「知の探求者として育つ 」「市民社会の形成者として育つ 」「地域社会の創造者として育つ 」「国際社会の貢献者として育つ 」「自己の開拓者として育つ」の5つを掲げており、これらの科目を修得することで、専門教育の基礎となる力を養うとともに、教養ある社会人として必要な、幅広い知識、思考力、語学力、コミュニケーション能力を涵養します。
  2. 1年次の前期には、それぞれの教育コースで「初年次教育科目」が設けられています。専門教育科目を履修する準備として、レポートを書く力やプレゼンテーションする力などの「学ぶ技術」を養います。また、グループ学習によって、他者と協調・協働して行動する力などを身につけることができます。
  3. 1年次では、学科・教育コースを問わない学部共通科目として開講される「基盤科目」の中から、それぞれの教育コースで、必修、選択必修、または選択科目に定められた科目を選択して履修します。専門教育科目を履修する準備として、理学や農学に関わる基礎的な知識と総合的視点を身につけることができます。
  4. 2年次以降は、それぞれの教育コースで定められたカリキュラムにそって「専攻科目」を履修します。なお、各教育コースでの詳細な専門科目の履修に関しては「履修の手引」に記載しています。
  5. 「専攻科目」は、各専門分野におけるより高度な専門知識・技能を修得するとともに、批判的思考力や問題の発見・解決能力を涵養することを目的として開講され、教育コース毎に講義、演習、実験、実習を体系的に組み合わせて実施します。講義系の授業群では、専門分野の知識を体系的に身につけ、また、その理解をレポートなどで文章化することが求められます。演習・実験・実習系の授業群では、卒業研究の準備として、基礎となる実験、文献やデータに基づく発表、英語科学論文の内容理解など、より実践的で能動的な態度と技能を身につけることが求められます。
  6. 実習系の授業群の中には、地域の恵まれた環境を生かして、附属生物資源教育研究センターおよび各教育コースが開講する多様なフィールド教育科目があります。これらの科目では、自然現象を素直に感受し、その摂理を創造的に解析する力、生物・生命・生産・環境に関する諸問題を総合的に捉え、解決する力を養います。
  7. 4年次には、「卒業研究」を履修します。担当教員の指導のもとに、自らが研究課題を定め、文献やデータなどの収集、解析を行い、卒業研究を完成させます。口頭発表などの審査を含め、複数の教員による厳正な審査が行われます。

入学者受入方針

 21世紀を担う多くの若人の中で、水の惑星・緑の地球を大切にする情熱に燃え、「生物、生命、生産、環境」に興味を抱き、真理の探求心が強く、やる気に満ちた諸君の入学を待っています。

 

生命科学科 入学者受入方針

 生命科学科では,生命が織りなすさまざまな現象について分子,細胞,組織,個体,生物集団など多様な階層での理解を深め,そのメカニズムを探究し,生命科学分野における正確な知識の普及や新たな概念の創出,あるいは生命を解析する技術を生物資源の利活用へと発展させる意欲がある,次のような人を受け入れます。

  1. 高等学校卒業段階の基礎的な学力を十分に身につけている人
  2. 自ら学ぼうという学習意欲,論理的な思考とそれを表現する能力を有する人
  3. 生命科学を学ぼうとする強い意志を持ち,生命現象への探究心や科学的好奇心に富んだ人
  4. 生命科学分野の知識・経験を生かして将来食品・化学工業,医薬・農薬製造業などの生物・化学産業で活躍したい人

 

農林生産学科 入学者受入方針

 農林生産学科では,自然,生物,食に興味があり,農林水産業の実態・技術・研究・普及に関する知識と技能を深めようとする,次のような人を受け入れます。

  1. 高等学校卒業段階の基礎的な学力を十分に身につけている人 
  2. 自ら学ぼうとする姿勢を持ち,他者と協力して学べる誠実な人 
  3. 山陰地域の農林水産業が抱える課題とその解決に強い関心を持っている人 
  4. 国内外の農林水産業の発展に貢献しようとする強い意欲を持っている人

 

環境共生科学科 入学者受入方針

 環境共生科学科では,資源と環境を適切に保全・管理しながら持続的に利用する環境調和型社会の創造に関心を持ち,その実践のために必要となる専門知識や技術を学ぶ意欲のある,次のような人を受け入れます。

  1. 高等学校卒業段階の基礎的な学力を十分に身につけている人
  2. 論理的に思考し,客観的な事実から判断を行い,その結果を的確に表現する能力を身につけている人
  3. 旺盛な学習意欲と明確な目的意識を持ち,主体性をもって多様な人々と協働して専門知識や技術を学ぶ態度を身につけている人
  4. 山陰地域が有する豊かな資源と環境を保全・管理するために必要な専門知識や技術を学び,将来,地域に貢献したいと考えている人