地元企業を生物資源科学部の学生が訪問し、多くの発見をしました

2018年9月3日

 8月17日(金)に生物資源科学部の3年生と生物資源研究科の留学生が出雲市と雲南市の地元企業を訪問しました。
 出雲市では中国環境株式会社を訪れました。地方自治体や民間企業のバイオマス資源の利用・活用の計画、家畜排泄物や可燃性ごみなどの廃棄物系バイオマスの有効活用について提案されています。
 学生の感想:水質管理、家畜糞の堆肥化、竹炭の蓄電器の開発など、さまざまな事業を手掛けておられ、やりたいことにチャレンジしやすい環境が魅力的だなと思いました。
 雲南市では株式会社田部・住環境事業本部山林部を訪れました。広大な山林資源を管理・運営しながら、町や家のトータルデザインを生業とし、住宅関連商品などの取り扱いを行っておられます。
 学生の感想:山林部門では、木材の搬出だけでなく、新商品の開発など、新たな需要の開拓に取り組んでおられる点が魅力的に感じました。また、養鶏部門では、めったに見られない養鶏場をみせていただき、貴重な経験をさせてもらいました。

 以上のように、実際に会社を訪問し、現場を見せて頂くことにより、学生は多くの発見をすることができました。今後の進路に大いに役立つ一日でした。

 

中国環境株式会社.jpg 
中国環境株式会社
(左から2人目:卒業生の山本氏、3人目:中野氏)
株式会社田部1.jpg 株式会社田部2.jpg
 株式会社田部・住環境事業本部山林部
(右から2人目:福島氏)
 

 

お問い合わせ
生物資源科学部
地域連携室
電話:0852-32-6492