江角智也准教授の研究が山陰中央新報で紹介されました

2018年10月30日

 10月12日付の山陰中央新報に生物資源科学部農林生産学科の江角智也准教授の研究が「豆の変形に挑戦:ハートや勾玉形 独自の小豆を」として紹介されました。
 この研究は、日頃食べている豆の形をおもしろい形に変えてやろう!というアイディアの着想から始まり、形の変わった豆を発見しその豆の遺伝子解析を行うなどして、学術的に未知である種子の形状の発達に関する基礎的研究を大きく進展させること等を目標としています。江角教員は、この研究によりオリジナル小豆を作り出雲産を売り出すことに大変意欲的です。
 この研究が出雲地方の地域活性化の起爆剤となることが期待されます!
 
 本研究にかかる資金は、クラウドファンディングで募集しています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
                 ↓↓↓

クラウドファンディングのページへ.jpg

お問い合わせ

生物資源科学部
自然科学系第二課
電話:0852-32-6493