松江農林高校から高校の紹介と「課題研究」の説明に来られました

2019年7月26日

 7月24日(水)午後、島根県立松江農林高等学校から吉岡校長先生ら4名の方が生物資源課学部を訪問され、高大連携事業の取り組みとして松江農林高校の紹介と「課題研究」の説明をされました。
 生物資源科学部は島根県内の高等学校と高大連携を進めています。松江農林高校とは昨年度3月に学部教員が高校を訪問し、研究紹介を行いました。また、次の日には高校生が学部を訪問し、研究室等の見学をしてもらいました。
 松江農林高校で行われている「課題研究」では高校生が自らテーマを見つけ、地域課題に取り組んでおられます。それに生物資源科学部としてサポートしていこうとしています。今後、松江農林高校と生物資源科学部がコラボして、学部教員と高校生の交流を進めていきます。

吉岡校長先生からのご挨拶.jpg    曽田教諭からの「課題研究」の説明.jpg
 吉岡校長先生からのご挨拶    曽田教諭からの「課題研究」の説明


 松江農林高校との取り組みは、島根大学2019年度戦略的機能強化推進経費「島根県で求められている人材育成に向けた高大及び地域連携」で実施しています。

 

お問い合わせ先:
生物資源科学部
地域連携室担当
電話:0852-32-6492