生物資源科学部EMSニュース 2018年10月号

2018年10月30日

◎9月のエネルギー使用について
 2018年9月は猛暑が落ち着いてきたことから冷房の使用が減り、電気消費量が低下しました。前年と比べ、基準温度との気温差は若干多くなっているにもかかわらず、電気消費量は抑制されています。前々年との比較では、電気消費量は大きく低減されました。節電へご協力頂き、誠にありがとうございます。今後は気温がさらに低下し、暖房の使用による電気消費量の増加が予想されますが、防寒対策などをとって頂き、引き続き節電へのご協力をお願いいたします。

≪島根大学松江キャンパスの消費電力は以下のURLで確認することができます。≫
https://www.shimane-u.ac.jp/introduction/ems/denryokunomieruka/

201809電気グラフ.jpg

 

◎「環境教育」について
 「学生の環境リテラシーを高める」ことを目的に、「フィールド教育科目」および「実験科目」を通じて、学生に環境教育を行った授業アンケートを参考に活動を評価しています。
 昨年度からアンケート回収率向上をお願いしていますが、回収率が変わらない科目があるものの、半数以上の回収率が改善されていました。引き続き、ご協力をよろしくお願いいたします。 

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ(EMS担当)
電話:0852-32-6501