生物資源科学部EMSニュース 2018年11月号

2018年11月26日

◎10月のエネルギー使用について
 2018年10月は気温が下がったことにより電気消費量が低下しました。電気消費量は前年と同程度になっています。最近寒さを感じることが多くなりました。11月19日から暖房の運転を開始したため、今後電気使用量の増加が予想されます。効率的な運転のため、暖房を使用する前にはフィルター清掃を実施して頂けますよう、宜しくお願い致します。また、防寒対策などによる暖房の使用抑制にもご協力をお願いいたします。

≪島根大学松江キャンパスの消費電力は以下のURLで確認することができます。≫
https://www.shimane-u.ac.jp/introduction/ems/denryokunomieruka/ 

201810電気グラフ.jpg

◎「環境教育」について
 環境研究に関する成果報告の見える化をさらに促進するために、学外で環境研究に関連するご報告をされた場合には、お近くのEMS対応委員や事務室までお知らせいただけますよう、何卒宜しくお願い致します。

 平成30年度の生物資源科学部における環境マネジメントシステムの環境研究分野の計画は、「EMSニュースや教授会等を利用し、学部教員の環境分野の研究を推進する」および、「学部教員の環境分野の研究状況を把握するために、教授会等を利用し簡単なアンケート調査を行う」となっております。
 昨年度は、「2017中山間フェアinい~なん」や「しまね大交流会2017」、「第25回新春恒例汽水域研究発表会」、「平成29年度生物資源科学部セミナーおよび島根県食品工業研究会との交流会」など、地域課題に関連する多数の研究発表が継続して行われました。今年度も一般の方々に生物資源科学部の研究成果を知っていただけていることと存じます。引き続き、環境分野のご研究の推進を宜しくお願いします。 

お問い合わせ

生物資源科学部
事務グループ(EMS担当)
電話:0852-32-6501