公開日 2019年03月28日

◎2月のエネルギー使用について
 2019年2月は、基準温度との気温差が1月と近い値であったことから、電気消費量はほぼ等しい値で推移しました。1月に引き続き、2月も例年より暖かい日が多かったので、前年と比較して低い電気消費量に抑えられています。今後は気温の上昇に伴って暖房関係の電気消費量は低減すると予想されますが、暖房以外の用途に対する節電対策(使用していない電化製品や電灯のスイッチを切るなど)を継続して実施して頂き、電気消費量が削減できるようご協力をお願いいたします。
 

≪島根大学松江キャンパスの消費電力は以下のURLで確認することができます。≫
https://www.shimane-u.ac.jp/introduction/ems/denryokunomieruka/ 


201902電気グラフ.jpg

お問い合わせ

生物資源科学部