公開日 2020年02月17日

生物資源科学部EMSニュース2020年2月号

「環境研究」ついて

 昨年度に引き続き、「技術コミュニティラボ第8回ミーティング」、「令和元年度生物資源科学部研究セミナー」、「しまね大交流会2019」など、学部教員による環境分野に関連する多数の研究発表が継続して行われており、今年度も一般の方々に生物資源科学部の研究成果を知っていただけていることと存じます。
 生物資源科学部では79件のSDGs「Sustainable Development Goals (持続可能な開発目標)」に関連する研究が行われており、そのうち41件が環境に関する研究(6:安全な水とトイレを世界中に、7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに、13:気候変動に具体的な対策を、14:海の豊かさを守ろう、15:陸の豊かさも守ろう)です(2020年1月発行 生物資源科学部教員紹介パンフレット2020を参照)。引き続き、環境分野のご研究の推進を宜しくお願いします。
 また、環境研究に関する成果報告の見える化をさらに促進するために、学外で環境研究に関連するご報告をされた場合には、お近くのEMS対応委員や事務室までお知らせいただけますよう、何卒宜しくお願い致します。

 

《上記に関連する情報につきましては,以下のURLよりご確認いただけます》
○技術コミュニティラボ 第8回ミーティング
 「ミドリゾウリムシの特徴と応用の可能性」
 http://www.crc.shimane-u.ac.jp/r-kikaku/lab/report/meeting8/m011002.htm

○令和元年度生物資源科学部研究セミナー
 https://www.life.shimane-u.ac.jp/docs/2019093000093/

○しまね大交流会2019 
 https://www.allshimane.shimane-u.ac.jp/project02/
 

お問い合わせ

生物資源科学部